脊柱管狭窄症克服委員会~コリとしびれは柔軟性の改善でスッキリ~

医者

脊椎の治療

医者

腰部脊柱管狭窄症とは、脊髄が収まっている脊柱管という管が狭くなることで脊髄が圧迫され、足腰に神経症状が出る病気です。治療においては専門病院での診察と治療を受ける方法が選ばれています。

Read More

無理のないストレッチ

脊柱管狭窄症についての情報はこちらのサイトで紹介しています。治療法や日頃しておくと良いケアを紹介しています。

免疫療法でがんの症状を著しく緩和させます。日本人の多くが発症させているがんに悩んでいる人は、最新医療技術を受けられる病院を選びましょう。

脊柱管狭窄症をやわらげるストレッチ

病院

脊柱管狭窄症改善するためには、ストレッチで腰の反りを少なくして、圧迫してしまっていた部位の負担を減少させることができれば、症状を緩和することにつながります。 簡単なストレッチのやり方としては、膝を抱えて身体を丸めてあげるなどといった方法があります。ストレッチをすることによって血流が良くなったり、腰回りの筋肉の柔軟性が改善されることによって脊柱管狭窄症によって起こる痛みやしびれといった症状を和らげる効果が期待できます。 また脊柱管狭窄症の改善のためのストレッチは無理のない範囲で伸ばして行くことが大切です。

脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症は、脊柱管が何らかの原因で狭くなってしまい、脊髄や神経根が圧迫されるようになり、腰や下肢に痛み感じたり、感覚障害が発生する病気です。脊柱管狭窄症の疑いがあるときには、早期に整形外科または神経内科を受診する必要があります。 脊柱管狭窄症を発症したときには、これを機会に日常生活を見なおしてみるとよいでしょう。脊柱管狭窄症以外の原因で、腰痛に苦しんでいる人がたくさんいるように、現代人の生活スタイルは、腰に負担をかけすぎていると言えます。 腰の負担をできるだけ減らすように、日常生活のいろいろな点を見なおしてみると、災い転じて福となすことも可能です。毎日家で料理をする人なら、キッチンの高さを身長にあった高さに調整するだけでも、腰に随分と優しくなります。

根本的な治療

医者

脊柱管狭窄症は20世紀に発見された病気です。現在も患者数は増え続けています。研究が進む中、根本的な原因は探すことができていませんが、治療は日々進歩しています。近頃は手術侵襲が少ない内視鏡手術も行われています。

Read More

温熱療法が人気

病院

腰や背骨の骨が中心となって痛みやしびれが起こる頸部脊柱管狭窄症は、マッサージや温熱療法による治療が可能です。また、頸部脊柱管狭窄症の症状がある時の対応としては安静を保ち早期的に医療機関に受診することが重要です。

Read More